給湯器の交換が早まる原因は?|

●
●
●
お湯のトラブル解決します!

FAQ

給湯器の交換が早まる原因は?

東京で家を建ててから今年でちょうど10年になりますが、最近給湯器の調子があまり良くないようで、お風呂を追い炊きした際に以前と同じ温度設定にしているのに、お湯がぬるくて、最初は私の体感温度のせいかもしれないと思っていたのですが、主人も同じように感じていたことが分かりました。
給湯器は機械なので、もちろん寿命があることは認識していますが、さすがにまだ10年も使っていないのに、交換が必要になるとは思えません。
修理で直ればいいのですが、例えば給湯器が故障しやすくなる原因はあるのでしょうか?

answer

寿命を早める要因はいろいろあります

お湯の温度が安定しなくなったり、追い炊きしたお湯の温度がぬるい、または熱い場合は、給湯器の熱効率が落ちて不具合は生じている状態です。
もちろん機械物には当たりはずれもあって、修理で直せることもありますが、実は給湯器の寿命は10〜15年程度と入れているので、状態によっては交換が必要になることもあります。
給湯器には号数と呼ばれる湯量を表すサイズがありますが、それがそれぞれの生活に合っていない場合は故障もしやすくなりますし、給湯器の排気口や換気口にホコリが溜まっている状態が続くと、寿命を短くする原因になることもありますので、定期的に掃除を行いましょう。
配管カバーをつけていないことや、給湯器の全面が極端に狭くなっていることも、故障につながることがありますので、早急に専門業者に診てもらいましょう。
●

PageTop

●