給湯器の交換時期と故障の原因|東京・横浜の給湯器交換や修理なら誠住宅設備へ!

●
●
●
お湯のトラブル解決します!

FAQ

給湯器の交換時期と故障の原因は?

東京都内で家を建てたのが今から8年前で、お隣さんとは家族構成も一緒で、奥さん同士が同い年で同郷でもあることが分かってからは、家族ぐるみの付き合いをしています。
お隣さんの方が私たちよりも1年前に家を建てましたが、先日いつものように週末にお隣さんでホームパーティーをしていると、急にお湯が使えなくてなってしまいました。
原因は給湯器の故障で、結局ガス屋さんもお休みで後日給湯器を交換してもらったみたいですが、こんなに早く給湯器は壊れてしまうものなのでしょうか?
うちも心配になって保証期間を確認してみましたが、予想通りにすでに切れているので心配です。
給湯器の寿命や、故障する原因があれば教えてください。

answer

給湯器の耐用年数は10年程度です。


給湯器の耐用年数は、平均で8〜10年とされています。
もちろん問題なくそれ以上使い続けている場合もあれば、お隣さんのように、それ以前に修理や交換が必要になるケースもあります。
したがって、我々も常に給湯器の耐用年数を頭に入れながら、修理で対応するか、交換をすすめた方がいいかを考えて、お客様にご提案させていただいております。
故障の主な原因は老朽化ですが、予定よりも家族が増えて使用頻度が多くなった場合などの過度な負担や、凍結や大雨や台風などで故障する場合もあります。
弊社では24時間体制で、無料で見積や相談にも応じているので、給湯器ことでお困りの際には、お気軽にご連絡ください。
●

PageTop

●