給湯器の交換時期の判断|東京・横浜の給湯器交換や修理なら誠住宅設備へ!

●
●
●
お湯のトラブル解決します!

FAQ

給湯器の交換時期はどのように判断すればよいですか?

私は、10年ほど前に横浜で中古のマンションを購入しました。住宅に関するモノが10年位が寿命と聞き、交換や修理の必要性が出てくると耳にするため気持ち的にザワザワしています。その一つが給湯器ですが、お湯の温度が安定しなかったり、給湯器から異音がしだしたら寿命のサインと友人から聞きました。まさにその状態になってから約8か月ほど、でもお湯は出ています。隣の家の人もお湯を使っている時に給湯器からうちと同じような異音が聞こえます。同じくらいの期間使用しているからでしょうか。寿命っぽいけれどまだ使えているので完全に使えなくなるまではこのままでよいものでしょうか?

answer

マンションの給湯器交換時期の目安は10~15年です

お湯を使う頻度や使い方、マンションの立地条件や元々使用している給湯器の種類などによって寿命の差は出ますが、給湯器の交換目安は一般的に10年〜15年と言われています。
10年を過ぎたら交換時期がいつ訪れてもおかしくないと考えてよいでしょう。異音がしたり、お湯の温度が安定しないのは交換の目安と言えます。完全に動かなくなる前に早めに専門業者に点検してもらい、あとどのくらい使用できるか、すぐに交換しなくてはいけないのか相談されてはいかがでしょうか。
給湯器交換業者には製品保証や工事保証を設けている所があり、アフターサービスも含まれます。交換した後でも定期的な点検に来てくれる業者もありますので、交換する際にはアフターサービスが充実している業者を選ぶと安心です。
●

PageTop

●